• Ryousuke Akita

近年、子供達の故障が多い??

《近年、子供達の故障が多い??》

FROM あきたの整体院 琴浦


子供達のスポーツの指導に

携わられておられる方々からよく聞く言葉…


「最近の子供達は怪我が

多いような気がする…」


「私らが子供の頃って

こんなに怪我をしなかった

ような気がするのですが」



長年、スポ少などに

関わられておられる方は、

特にそう感じられるようです。


どうしてなんでしょう?


筋力不足?

無理な練習?


個々のケース見ないと

原因はハッキリとは分からないでしょう。


しかし、多くの子供達に言える事、

筋肉に柔軟性がないことです。


生活習慣の変化などから、

子供達の身体は変わり続けています。


日本における伝統的な生活スタイルは、

アメリカナイズされたスタイルに影響を受ける等、


生活習慣の変化が起こり続ける中で

身体にも変化を起こしています。

(体格はとても大きくなりました)


このような変化の中、

スポーツの指導においても


これまでと同じ練習方法では、

子供達の身体は悲鳴を上げるわけです。


特に筋量・パワーを重視された

偏ったトレーニングをすればするほど、

筋肉の連動性を失い、


「特定の筋肉に頼りがち」

になった動きの中で、


結果的に負担がかかりやすくなった

筋肉が悲鳴を上げやすくなるわけです。


ウエイトトレーニングをしてはいけない!

とは全く思いません。


むしろアスリートには

必要なケースは多いでしょう。


しかしながら指導者の方も、

故障予防・パフォーマンスアップ

の観点からも、


もう少し柔軟性向上の練習を

取り入れてはいかがでしょう。


2、30年前とは

生活様式も大きく変わり、


子供達の体も以前とは

変わっていきます。


筋肉も発想も柔軟性が必要!

僕はそう思うわけです。


この秋導入予定の

筋肉の柔軟性を作るのに

効果的なストレッチマシン。


その効果は注目され、

病院などの治療院や甲子園常連校、


早稲田大学硬式野球部などの

全国のアスリート団体。


多くの施設で導入が進んでいます

↓↓

https://www.hogrel.com/case/facility/


アスリートの皆さんにも

お役に立てていただければ幸いです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

PS


新店舗での

トレーニングルームの使用は、


1時間1組限定の

完全プライベート空間

を予定しています。


その為受け入れ枠は、

限定的になります。


整体院の利用歴のある方からの

先行案内を予定しておりますので、

もうしばらくお待ちください。


閲覧数:61回0件のコメント

最新記事

すべて表示