• 秋田 良輔

足の甲を疲労骨折!?

最終更新: 2020年6月19日

【足の甲を疲労骨折!?】


今でもはっきりと覚えています、、、

大学生最後の春。



硬式野球をしていた僕は、

毎年恒例の沖縄キャンプ途中を

足の痛みでリタイアしました。


「コーチ、、、、痛みで走れません、、、」


ぷっくりと晴れた足の甲。

病院で診察を受けると、

足の甲の骨がなんと、、、

疲労骨折していると言われたのです!


こんなところ疲労骨折するのか、、、


痛みを感じてからも我慢をして

トレーニングを続けていましたが、

とうとうダメになったのです。


その後、

1軍メンバーに入ることも当然できず、

練習もまともにできないことから

就職活動を進めることとなりました。


さて面接会場に行こうにも

歩くのはもちろん痛いのですが、

車の運転もきつかった、、、


地元企業の試験会場に行くのに

母親から借りた車で行ったのですが、

通常右足で操作するブレーキやアクセルペダルも

踏み込む動作で痛みが出ることから

左足で操作をする始末。


面接では、

真っ黒な顔を見られた面接官の方が、


「サーフィンか何かやってるの??」


「野球部に所属していて

沖縄キャンプで頑張ってきました!!」


なんてスポーツマンをアピールできて

印象は良かったのですが、、、(笑)


話はそれましたが、

僕は学生時代ケガがとても多かったんです!


同じ練習をしても平気な仲間がいる中、

自分自身は

「壊れやすい、、、弱い体なんだ、、、」

と思い込んでいました。


肩、肘、腰、膝、、、

多くの故障経験してきました。


それでも今思えば、

そんな経験が今の自分自身を作っています。


「その苦しい経験が生きてくるよ」


そう当時の自分に言ってやりたいと思います。


僕はそんな苦い経験から、

身体について深く探求してきました。

その中でも武術から得たものは大きく、

今の施術スタイルに大きな影響を与えています。





弱いからじゃない。

痛みが出たのには理由がある!


【重心のかけ方】

【筋肉の固さ】

【関節の固さ】

【姿勢の悪さ】

【バランスの悪い歩き方】



痛みの原因は色々あります。

原因を見抜き、

解決法を提供してこそ根本的な解決になります。


その時だけ痛みの出ている

患部を慰めてあげるだけでは、

再発のリスクは当然高まります。


あきたの整体院では

根本的な解決を目指し、

効果的なストレッチやケア方法、

また歩き方の指導など患者さんにあった

オーダーメイドの施術を丁寧に行っています。


今通院している整体院や治療院に

満足していないあなた。


どうぞ今すぐ新しいアプローチ法に

一歩踏み出してみてください。


きっとこれまでとは違う結果が待っているはずですよ。

18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示