• 秋田 良輔

腰痛を克服したある理由

【腰痛を克服したある理由】

FROM あきたの整体院 琴浦


皆さんこんにちは。


以前よりお伝えしておりましたが、

僕は高校生の頃から腰痛に悩まされ、

何度も病院でヘルニアと診断され、

20代中頃まで腰痛と付き合ってきました。


腰痛があった頃は医師の勧めで、

腹筋や背筋は欠かさず、

ずっと鍛え続けていましたが、

それでも腰痛からは逃れられませんでした。


大学まで本格的に続けた硬式野球を終え、

就職し社会人になってからも腹筋、背筋は

ずっとやり続けていたんですが、

結果は変わりませんでした、、、



しかし、あるメソッドを受けてから

腰痛が劇的に改善し、

更にその後、本格的に探求を始めた

《武術の歩法や身のこなし》

が体に染み込んできたことで、

体に負担のかからない、

素早くて力強い動きに変化し

腰痛から完全に開放されました。


逆に腹筋や背筋などのトレーニングは、

ほとんどやらなくなっていたんですね。


ですが、身体がゆるんでとても楽なんです。



この武術の身のこなし

武術の考え方が染み込んできたことによって、

(ちなみに現代武道と古流武術は別物と考えます)


特に筋トレに励んだわけでもないのに

スポーツのパフォーマンスアップ

繋がったり、重い物を効率よく動かせたり

と効果を発揮してきました。


武術家の多くの方が

「体の正中線(中心軸)を意識する」

と言われます。


こういう意識が身に付いてくると

歩くのが楽になったり、重たいものを

出来るだけ軽く持てたりと

我々、一般人でもその効果を

実感することが出来ます。


米子市で開催しているストレッチ教室の

生徒さんもその効果を実感されています。




参加者は主に60代の方が多いですが、

年齢は関係ありません。


体の一部分に頼らない合理的

かつ効率的な体の使い方を

知るか知らないかなのです。


このブログや【あきたの整体院チャンネル】

では僕が自ら習得し、体現してきた技を

これからご紹介していこうと思います。


これは年齢、性別、体格を問わず

誰でもある程度練習を積めば

実践可能な内容となっています。


筋力に頼らない緩んだ武術の動きは、

体を痛めることが少ないので

多くの場面で役に立つことでしょう。


これからも皆さんに

選択肢を広げていただけるよう

更に情報発信を行っていきたいと思います。

お楽しみに♬


タイムリーに【あきたの整体院】

の情報を得たい方は、

LINEへの登録が便利です。

↓↓

https://lin.ee/9bAN7LW


予約も便利★

是非ご活用ください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

PS


僕は健康マニアです。

普段からウエイトコントロールも行います。


いや、ただ太らないだけか?(笑)


しかしながら、

36歳になる令和2年。


体年齢は、

21歳だそうです!



38回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示