• Ryousuke Akita

肩甲骨グニャグニャ

【肩甲骨グニャグニャ】

FROM あきたの整体院 琴浦


突然ですが、僕の肩甲骨は

グニャグニャ動きます。

この操作、

現役時代(野球やっていました)

からできたわけではなく、


数年前から、筋肉を細分化して

動かすトレーニングをしていく事で

自在に動かせるようになってきたのです。


皆さんは肩甲骨がどれだけ動きますか?

特に本格的なアスリートの方!


野球

バレー

投てき系(陸上)

柔道

ハンドボール

水泳


等の競技は、肩甲骨の

『可動域・柔軟性』も

重要な要素であり、


肩甲骨は使い方次第で

持てる筋力の最大化に繋がり、

パフォーマンスアップする訳です。


筋力さえあれば、

全ての競技において結果が出る◎

のであればボディービルダーの方が

最強ですよね。


多くの競技において

そうならないのは、


筋肉の連動性であったり、

柔軟性であったりと、


今持っている力を

いかにうまく使うかという要素

が非常に重要だからです。


これは筋力を否定するのではなく、

筋力をいかにうまく使うかという事なのです。

(なので、多くの競技で

ウエイトトレーニングは重要でしょう)


さて、アスリートの皆さん。


あなたは日々どんな

トレーニングに励んでいますか?


筋力だけを重要視し、

なにか体によからぬ

変化が出ていませんか?


そんな時は、

トレーニングの方法を見直す

ことも必要でしょう。


以前、記事でも書きましたが

僕は三年前に行われた強肩王決定戦に出場し、


3ヶ月キャッチボールを

一切していない状態で、

94.65㍍を記録できました。

(現役バリバリの

大学時代に硬球で98㍍が最高)


行ったのは、

「肩回りの筋肉を緩める」

「フォームの見直し」

だけでした。


工夫次第では、

大きな結果が出せるわけです。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

PS


身体を上手に使う事で…


2年前にこんな事していました♬

↓↓


閲覧数:77回0件のコメント

最新記事

すべて表示