• 秋田 良輔

注意!これを知らずにストレッチはしないでください、、

【注意!これを知らずに ストレッチはしないでください‥ 】

FROM あきたの整体院 琴浦



今日も慢性痛改善のヒントを

お届けして行きたいと思います。


よく、 腰や肩などの痛みを改善するために

ストレッチを自分で試されたり、

あるいは整体院や

ストレッチ専門店などで、

施術として受けたりする方も

多いと思うのですが、


結論から言うと、

ほとんどのストレッチは

慢性痛を改善する事ができません。


確かに一瞬は気持ちよかったり

スッキリするかもしれませんが、

それもほとんどは一時的なものですし、


場合によっては、、、

慢性痛を悪化させる事もあるくらいです。


今からその理由と、

どういったストレッチなら慢性痛を

改善できるのか?


といった内容について

お話ししていきますが、


ストレッチには

大きく分けると2つの種類があります。

一つが「伸展系ストレッチ」です。


その名の通り、

筋肉をグーっと伸ばしたりするのが

このストレッチの特徴なのですが、

このストレッチは慢性痛に効果がありません。


理由は単純で、

筋肉を伸ばすだけでは

痛みの根本的な解決に

ならないから‥なんですね。


ま、これは

ちょっとマニアックな話になりますが、

多くの慢性痛の原因である「筋肉のコリ」は

そもそも、筋肉を伸ばすような

伸展刺激では解消されないんですね。


コリの解消に必要なのは

伸展刺激ではなく、「振動刺激」

なんですね。


ゆっくりとした振動を

与える事で筋肉のコリは

解消させていく事ができます。


なので、伸展系のストレッチは

解決策にはならないんですね。


さらに言うと、

無理に筋肉を伸ばすと

「伸展反射」によって

逆に筋肉が収縮してしまい

痛みが増大する危険性さえあります。


筋肉は引き延ばされると同時に

収縮しようする力が強く働いていきます。


これは輪ゴムを引っ張った状態を

想像してもらったら

分かりやすいかと思います。


で、この収縮しようとする反応が

慢性痛の方にとっては

大きくマイナスに

働いてしまいます。


慢性痛を患っている方の筋肉は、

コリがひどく、ガッチガチに

固まっているのですが、


その状態で無理に伸ばすと

ガチガチの状態から、

さらに筋肉が収縮してしまうことで、

余計にコリがひどくなってしまい

痛みの悪化につながってしまうんでんすね。


そのため、

この筋肉をグーっと伸ばす

伸展系タイプのストレッチは

はっきり言って

全くおすすめできません。


で、もう一方のタイプが

「姿勢改善系のストレッチ」です。


これは、多くの整体院や

ストレッチ専門店などで行っている

タイプのものなんですが、

実は、、 こちらも

正直オススメできないです。


確かに、姿勢改善は

筋肉のコリ、慢性痛の改善に

非常に効果的なのですが、


実は、そのための

専門的なストレッチを受けても

慢性痛は改善しない事が

ほとんどです。


僕自身も姿勢改善のための

ストレッチをお伝えしているのに

一体どういうことか?

と思われるかもしれませんが、


この続きについては

次回ブログでお伝えしようと思います。


次回ブログでは、

慢性痛に効果の期待できるストレッチと

できないストレッチの違い、


整体院やカイロプラクティック、

ストレッチ専門店など

この業界の方たちが

患者さんに絶対に知られたくないこと、


についてお伝えしていこうと

思いますので、ぜひ次回のブログも

ご覧になってください。

それではまた。

25回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示