• 秋田 良輔

施術が辛いセラピストへ

【施術が辛いセラピストへ】

FROM あきたの整体院 琴浦


今回は、

「毎日の施術が辛い」

と思いながら仕事をしているセラピストや


「強い力で1時間ひたすら揉まれて

翌日大変なことになった…」

↑来院される方から

苦い経験としてよく聞きます。


そんな経験のある方々に

お届けする内容です。



僕自身、身体の調子が悪いわけでは

ないのですが、ただ単に手もみを受けるのが好きで

たまに手もみ屋さんで施術を受けることがあります。


そこで感じるのが、

「無理な体勢で施術やってるな~」


とか、


「すごい力みながら指圧してるな~」


と言ったことを思うわけです。



セラピストの中には

腰痛や指の痛みなどを抱えて

仕事をしている方も多くいます。


自分自身の体に過度な負担をかけながら

頑張って施術を行っているのです。


しかし、

自分の体調が良くなければ良い仕事は

できませんし、自分自身の身体の緊張や

体調不良で身の入っていない施術では

お客様も感じ取られます。


結果的に無理をしていては

満足度を下げる事でしょう。


色々な施術方法があるとは思いますが、

身体の上手な使い方が出来なければ

仕事として長続きもしません。


僕自身は、

身体を脱力させた緩んだ身体作りを基本とし、

施術法も自分の身体に負担をかけない

優しいやり方を基本にしています。


自分の身体が緩んでいるからこそ、

相手の身体もより緩めていくことが出来る。


そう考えているのです。


「施術が辛い…」

というセラピストの皆さん。


あなたは我慢してずっとその施術方法を続けますか?


どうすれば身体にストレスがかかるのか?

どうすれば身体に無理がないのか?


それを勉強していくことで

お客様の身体をもっと楽に

してあげることが出来るでしょう。


これまで技術習得に興味のある方向けに

主催してきた技術セミナーを

また時期をみて開催したいと思います。


今、僕が行っていることで

皆さんのお役に立つことがあれば幸いです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

PS


僕のポリシー★


「一瞬に徹する

一瞬一瞬の積み重ねが一生」


与えられた1時間のセッション…

一人ひとりの患者さんを丁寧に対応し、

喜んでもらえるよう努めていきます。


さて、今日も皆さんに

喜んでいただけるよう一瞬に徹します!

54回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示