• 秋田 良輔

慢性的な不調の原因はコレ!?

【慢性的な不調の原因はコレ!?】

FROM あきたの整体院 琴浦



皆さんこんにちは。

今回は、

身体の基本原理のお話。


不調の原因を見抜いたり、

皆さん自身も身体の不調を

予防していくためにも

重要な考え方の話です。


さて慢性痛を抱えるいる方は、

筋肉を固くしている事がほとんどです。


コリ固まることで

痛みの原因を作ってしまうのですが、


では、なぜ筋肉は固くなるのか?


以前にもブログで解説しましたが、

基本的には2通りしかありません。


①筋肉を使いすぎる

②筋肉を使わなさすぎる


適度が一番良いのです。


しっかりと運動して、

体を鍛えているのに

故障をしてしまうアスリートも

①が原因の事が非常に多いのが現実です。



何でも過ぎると良くないものです。

(アスリートはギリギリの所を

攻めていくものですが)


これは筋肉に限らない話なのです!


農家の方はよくご存じなのですが、

野菜や稲などの植物も同じです。



化学肥料や肥(こえ)等、

栄養が過ぎるとかえって

実のなりが悪かったり、

枯れてしまうことがあるのです。


これはおそらく

生きるもの全てに

言えることでしょう。


ある著名なお医者様が

こう言われておりました。


「アトピーやアレルギーなどの

皮膚病は美味しいものを食べすぎたのが原因」

と。


アトピーなどの

皮膚病で出る症状

【痒み】かゆみ


癢い(かゆい)

↑旧字ではこう書きます


漢字の通り、

栄養を養いすぎたのが

原因なのかもしれません。

(色々な原因はあるとは思いますが、、、)


故事ことわざ辞典にも

こうあります。


【過ぎたるは猶及ばざるが如し】

すぎたるはなお およばざるがごとし


★意味★

度が過ぎることは、

足りないことと同じくらい

良くないということ


身体に良い!と聞いたことを


そればかり行ったり、、、

そればかり食べたり、、、


良いと言われることでも、

やり過ぎは害になるということを


大昔から人々は

知っていたのですね。


ヒントは故事ことわざにも

隠れているものです。


何かの不調を感じられた時には、

精神的なストレスも含め、

日々の生活で過ぎるものが無いかを

見つめてみることはとても重要なのです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

PS


僕は20代半ばの頃、

薄毛が進行し始め事をきっかけに


一念発起し、【体質改善】を目的に

極端な糖質制限食を行った経験があります。


良いと言われる物ばかり食べたり、

生活習慣を大胆に変えたり。


結果、

目的を達成した部分もありながら、


失敗したな~▼

と思えた部分もありました。


【過ぎたるは猶及ばざるが如し】


皆さんもお気を付けください。


54回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示