top of page
  • 執筆者の写真Ryousuke Akita

好記録 レース考察

【好記録 レース考察】

あきたの整体院 琴浦


先日行われた陸上100M

今シーズン初戦も去年に

引き続き好記録が出ました。

(自分の中では)




では、今回レースの考察を

行っていきたいと思います。


まず前段として、

レースに出始めた約7年前から

一昨年までの記録は、


12.6~13.0あたりを

うろちょろしていました。


それが、2023年秋に12.36を記録。

大きくタイムが向上しました


たまたまだったのか?


ある意味今回のレースで

証明がしたかったのですが、


加齢に逆行して、

まずまずのタイムが出た事は、

凄く前向きな要素です。


★引き続き取り組んだ事

①ホグレルマシンの利用

可動域を広げたり、

弾力のある筋肉を

つけていく事を心掛けた事で、


コンディションはとても良く、

近年起きていた故障を防止。


走りやすい体を維持出来ました。


②プロテインを少し飲用


③働かせる筋肉を意識

やみくもに頑張るのではなく、

効率的に走るのに必要な筋肉を

動かす事を意識して走りました。


★新しい取り組み

①サッカーへの参加

月に1回サッカーに参加し、

走る体力が少しつきました。



②陸上の走りを研究

レースの動画を確認すると

ストライド(歩幅)が

陸上部の方々に比べ短く、


「損してた!?」そう思い、

ストライドを広くとる走法に変更。


③腕振りを意識

これまた、陸上部の

方々に比べ腕振りが弱いので、

少し意識して強化しました。


以上です。


また、怪我を起こさない

事も大きな要因で、


出力の大きい競技を

続けていく上でも


「筋肉の連動性」

のある動きやすい体の維持

(筋肉の肥大化ではなく)


競技能力の向上・維持に

大きく役立つことでしょう。


★変わってきた事

今年で40歳。

回復能力が落ちてきたような…


日々ケアを怠らず、

40歳超えても動ける体を

キープしていきます。





閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page