• 秋田 良輔

ヘルニアが悪化!

【ヘルニアが悪化!】

FROM あきたの整体院 琴浦


今回は、米子市から来院の

60代女性Yさんのケースをご紹介。


【状態】

約2年前より腰痛に

悩まされるようになったYさん。


腰の痛みは左右交互に感じられ、


更に両膝にも痛みを

感じられておられます。


背筋が伸びない。

という腰痛を抱えられておられる方の

多くが悩まれている状態が出ておりました。

(足も突っ張りまっすぐ伸びない)


発症時から状態は徐々に悪くなっていき、

MRIを撮りヘルニアと診断されたそうです。


受診していた病院から処方されていた

痛み止め薬は徐々に増え、


より強い薬が処方され、

これ以上悪化すれば手術を検討という現状でした。



【これまでに試してきたもの】

膝サポーター ⇒ 付けている時は良い

(外せば痛みは出てしまう)



今回の施術ケースで

喜んでいただけているポイント3つ。


●足がまっすぐ伸びるように

●痛み止めが半分に

●簡単な方法で歩行による負担を軽減


まずは施術(柔緩法)により、

コリ固まっていた筋肉を緩めていきます。


(柔緩法では強く押す、揉みほぐす

の方法は一切行いません)


施術により体は柔軟性が増し、

可動域が広がった事で


「寝ていても足が真っ直ぐ

伸ばせるようになった」

と改善の実感を教えてくださいました。


まだ痛みは残るものの

施術の度に状態は改善し、

「痛み止めを減らして大丈夫」

との現状のようです。


そしてここからがミソですが、

この方の根本的な原因へのアプローチです。


筋肉への負担を作っていた

悪い癖のある歩行方法へのアプローチ!



O脚のYさん。

重心が不安定な歩行の影響で、

特定の筋肉への負担が増大し、

筋肉のコリの原因を作っていました。


原因を作っていた悪い癖を解消し、

不必要に負担のかからない歩き方へ♬


「痛みが逆戻り」

再発を起こさせないために

根本原因へのアプローチは必須ですね。


「整体行っている時は良いけど

すぐに痛みが戻ってくる」


こんな方は根本原因への

アプローチが不十分でしょう。


悪い癖へのテコ入れを行い、

更に改善へと導いていきたいと思います。

19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示