top of page
  • 執筆者の写真Ryousuke Akita

「柔軟性上がった」

【「柔軟性上がった」】

FROM あきたの整体院 琴浦


「体がとても硬く、

頑張ってストレッチしても

柔らかくならない」

とお越しになられた

野球を頑張る中学生。


カウンセリング後、

定期的なホグレル使用を開始。


すると早速効果は出始め、

硬かった動作が改善。


当初、上体が完全に

起きるほど硬かった体が、


4回目の利用後には、

肘が付くほどに柔らかく。



「えっ!こんな楽な

トレーニングで!?」

⇓⇓⇓

いやいや、

逆なんですよ。


リラックス状態で行うからこそ、

筋肉の緊張が解けてくるんです。


「頑張る!!」という

思考からも力み(硬さ)は

生じてきます。


チカラの最大化は、

脱力から始まります。


体の使い方を学んだり、

ケアをしていく事も

大切なトレーニング。


やみくもに頑張るだけが

トレーニングではありません。


僕は30歳頃に

やっと気づけました。


もう少し、早く気づいていれば(笑)


⇑⇑⇑

写真は大学時代


※でも必ずしも体操選手

みたいな180度開く状態を

求めているわけではないので

ご注意を。

(アスリートの中には試合前に

静的ストレッチを行わない

方もおられるようです)


また、可動域が広がり、

全身を使いやすくなった体は

筋肉の連動性も向上し、


「スローイングがしやすくなった」

「軽く振って打球が飛ぶ感じ」


など、その効果を

実感されておられました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

PS


夏休みになりスポーツに

励むアスリートの利用が

増えてきました。


選手達の今後の

活躍が楽しみです。


チカラを最大化する

バッティングフォーム

チカラの伝え方

取り組んだ練習で

結果が出た時には、

僕も最高の喜びがあります。


これまでには球児達と

フォーム造りなど色々と

取り組んできました。


僕も負けないように

動ける身体は保って

いきたいな~♬


閲覧数:84回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page